Topics トピックス

HOME > トピックス > 指定管理者(マネジメント) > 愛西市スポーツ施設 新型コロナウィルス感染症対策と熱中症対策として

指定管理者(マネジメント)

愛西市スポーツ施設 新型コロナウィルス感染症対策と熱中症対策として

 

今年初めから流行した新型コロナウィルス感染症により

日々の生活においても様々な影響が続いています。

 

愛西市スポーツ施設では6月から利用再開となりましたが新型感染症のリスクを想定し、

「新しい生活様式」に基づいた行動をお願いしたいと思います。

 

 

・一人ひとりの基本的感染対策

  身体的距離の確保、マスクの着用、手指洗いの徹底

 

・日常生活を営む上での基本的生活様式

  体調を考慮し、外出を控える、3密対策、こまめな換気、咳エチケット、体温測定

 

・日常生活の様々な場面での生活様式

  外出時 少人数での行動、なるべく物などに接触しない、手洗い、混雑時を避けるなど

  飲食等 横並びで座る、会話は控える、回し飲みを避ける、多人数で参加しない

  

 

また長期予報によると今夏も猛暑日が予想されており、上記「新しい生活様式」を踏まえながら

スポーツ施設の利用に際して、十分な熱中症対策をお願いします。

 

1. マスクの着用(ただし、適宜マスクを外して運動する)

 ・心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度の上昇などにより身体に負担がかかるため、

  高温や多湿といった状況下でのマスク着用は熱中症のリスクが高まります。

 

 ・互いに十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、

  マスクを一時的に外して休憩をとる。

 

 ・強い負荷の作業や運動は避け、こまめな水分補給を心掛ける。

 

2. エアコンを利用するなど、涼しい場所への移動

  熱中症対策としてエアコンを利用したり、日陰や風通しのよい場所で休憩する。

 

3. 日頃の健康管理

  毎朝、体温測定するなど日頃から自身の身体を知ることで健康管理を充実させる。

  体調が悪いと感じた時は無理をせず、自宅で静養する。

 

 

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染抑止のための「新しい生活様式」、

および熱中症予防について今後も十分な対策をよろしくお願いします。

 

 

厚労省熱中症対策1-1.jpg 厚労省熱中症対策1-2.jpg