Topics トピックス

HOME > トピックス > 指定管理者(マネジメント) > 愛西市スポーツ施設 親水公園総合体育館敷地内でビオトープを実施

指定管理者(マネジメント)

愛西市スポーツ施設 親水公園総合体育館敷地内でビオトープを実施

 

 今年度より愛西市親水公園総合体育館の敷地内において

 愛知県立佐屋高等学校とともにビオトープの運用を始めています。

 

 愛知県立佐屋高等学校は愛知県環境部から「愛知県野生生物保護モデル校」に指定されており、

 愛西市と連携して地域の生態系を復元、創出するため

 ビオトープという概念に基づき水辺や緑地を造り、生物多様性の保全に努めています。

 

 またビオトープの効果的な運用を目指し、

 親水公園総合体育館周辺の野生生物を調査しながら

 ビオトープ内で保護するための取り組みを行っています。

 

 IMG_4364 (2).JPG IMG_4365 (2).JPG IMG_4362 (2).JPG