Topics トピックス

HOME > トピックス > 指定管理者(マネジメント) > ~福光焼「陶芸教室」開催~

指定管理者(マネジメント)

~福光焼「陶芸教室」開催~

2018.7.5
南砺市の福光福祉の家「光龍館」において、ご利用の皆さまに「陶芸に親しんでいただく」企画として「陶芸教室」を開催しました。
20名さまのご参加を頂き、地元、福光焼の「福光陶園」の先生の手ほどきを受けながら、コーヒーカップや
湯飲み、一輪挿しなどに挑戦しました。
福光焼は、「手練り」で形をつくり、竹べらで模様や絵を描きます。
苦戦の末、それぞれの形になった「力作」は、この後、素焼き、釉、本焼きの工程を経て
「作品」となります。出来上がりをお楽しみに・・・・・。

ちなみに、福光焼は、彫刻家であり陶芸家の松村秀太郎が、大正元年に自宅の一隅に小窯を築き試みたのが始まりだそうです。
現在は、伝統を守りながら新しい技法と感覚を取り入れ、「渋み」が味わいの生活に即した「焼き物」として皆さまに愛されています。

陶芸②.JPG 陶芸⑤.JPG 陶芸⑥.JPG
 

陶芸⑦.JPG 陶芸⑧.JPG 陶芸⑨.JPG